酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はりや(鐘ヶ淵古酒場)
ディープ度****、食と酒***
湾曲した隅田川が400mで荒川に近接する異形の地形。この2つの川に挟まれた墨田5丁目。鐘ヶ淵から堀切への一帯。東武伊勢崎線の鐘ヶ淵で降りる。「酒場はりや」の看板が白く光る。曇りガラスの引き戸を引くと、実にシンプルなつくりで、右手にL字型のカウンター席。左手は小上がりで小さなテーブルが2つ置いてある。昭和6年開業。カウンターの中には、知的な風貌の白髪のマスターが静かに座る。天井は高い。
ビ-ル500円、酎ハイ250円、ウィスキ-ハイ270円、ジンハイ270円。特にジンハイは旨い。キャベツの炒め物330円は、実は焼きそばだ。「煮こごり」は若干堅めだが旨い。「ねぎま煮」も葱とマグロとのあんかけ。日曜定休。開店は5時30分から12時。鐘ヶ淵駅北口から右手に曲がり歩いて2分。

PB110163.jpg

PB110113.jpg

PB110125.jpg

PB110117.jpg

PB110118.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
鐘ヶ淵駅鐘ヶ淵駅(かねがふちえき)は、東京都墨田区墨田5丁目にある東武鉄道東武伊勢崎線|伊勢崎線の鉄道駅|駅。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/02/16(金) 03:22:36) | 駅
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf