酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銚子屋(小岩住宅街 無名の名店)
ディープ度***、食と酒****
JR新小岩駅と京成小岩駅のちょうど中間の住宅街。住宅ばかりの場所に、赤提灯がポツンと光る。店は小さく客もあまり来ないようだ。銚子出身の老夫婦がやっている店で既に50年近いという。
私たちの他は、初めは2時間、誰も入ってこず、最後に二人の女性が入ってきたのみ。しかし、丁寧に料理された独創的な料理だった。「銚子の海草」は海草を刻み観点で固めたもの。「天麩羅盛り合わせ」はワカサギ、海老、穴子など様々な小魚を揚げたもの。その他、「カレイの煮付け」、「牡蠣のから揚げ」、「富貴豆」、「焼きそば」。どれも絶品だった。どれも400円から600円と安い。飲み物もホッピー330円、チューハイ250円と安い。古い8トラックのカセットで昔の流行歌を掛ける。タイムスリップしたような想いになる。この店では時間が止まっている。この老夫婦もそうだろう。
年中無休で、朝7時から夜の10時まで営業している。「最近はほとんど若い人は来ない。朝から失業した人が来るくらいかな。」と全く欲がない様子。コストを切りつめて細々と長く店をやっている。店の中には年代物デコラ張りのテ-ブル、8トラのカラオケセット。チューハイは、親爺がバーテンダーのように中ジョッキ-に炭酸をまるごと一本ドバドバといれ、自家調合の焼酎を注ぎ込む。分量は量ったようにぴったりとジョッキ一杯になった。

PA070064.jpg

PA070081.jpg

PA070074.jpg

PA070077.jpg

PA070076.jpg

PA070080.jpg

PA070083.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf