酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かく山 (八丁堀の隠れ家)
ディープ度****、食と酒*****
隠れた名店である。この店の持つオーラ、と料理の旨さは特筆すべきだ。八丁堀のオフィスが並ぶ通りから一本脇道の逸れた路地に面しているので、初めて訪れる人にはわかりにくい。根強いファンが多いらしく、近所の大会社の社長も時々きているらしい。
1年前に友人に紹介されて「かく山」を訪れてから、度々この店に通っている。1階はカウンターと4人掛けのテーブルで10人も入れば一杯になってしまう。カウンターの中には、3姉妹が忙しく働く。2階は住宅の部屋のような座敷で、子供の描いた絵などが掛けてある至って気楽な畳敷きの和室。4人以上で来るならば、この2階の部屋で、ゆっくりと過ごすのがお薦めだ。酒はビール、日本酒、焼酎(芋と麦)とも品数は少ないが、無難なものを置いてある。料理は素晴らしい。海鮮類は新鮮で、カットが大きい。やわらかさつま揚げはオリジナルな一品。焼きそばも独自の味付けが絶妙。メニューには値段が記されていないが、心配は無用。かなり食べて呑んでもひとり5000円を超えることはない。混雑する店ではないが、席が少ないので予約したほう方がよい。03-3551-8398。八丁堀2-18あたり。
関連情報 http://quittan.hp.infoseek.co.jp/yoi/maru/maru.html


P7060031.jpg

P7060030.jpg

P7060014.jpg

P7060017.jpg

P7060023.jpg

P7060026.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf