酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大黒屋(押上 ホッピーには氷を入れない)
ディープ度***、食と酒*****
押上から錦糸町方面に5分ほど南へ歩くと、住宅街を通る「業四市場商栄街」の立つ一角に大黒屋がある。実に良い感じで街の区画に填っている。訪れたのは7月最後の日、珍しく夜は涼やかな風が吹いていた。大きな暖簾を下げた角地に立つ大黒屋は引き戸が開け放なたれ、その佇まいが実に美しい。店内は伝統的なコの字型カウンター。奥に厨房があり、親父さんと奥さんが忙しく働いている。親父さんは大黒屋の2代目。店には先代のモノクロの写真が飾ってある。本所の大黒屋創業から58年、この場所に店を開いてから38年。父親のやっていた店をサラリーマンをやめて継いだのだという。
生ホッピ-390円、白・黒・ハーフの生ホッピーである。ジョッキは霜がつくほど冷やしてあり、そこに冷たい生ホッピーを注ぐ。目から鱗のホッピーの旨さだ。氷を入れるのは邪道だという親父さんはホッピー屋とのつきあいが一番長いのは俺だという。だがこれは先代の発明。自分が発明したのはレモンハイ。瓶詰めのレモンサワーではなく生レモンを搾りソーダで割ったレモンハイは親父さん自身の発明という。確かに旨い。お通し100円、昆布の煮物。 もつ焼き5本で450円。これはふつう程度。煮込み420円、これは旨い。大きめのサイズの臓物はよく煮込まれており絶品といって良いだろう。お新香はキュウリの浅漬けで、かなり気を遣って仕込んでいるのがわかる。そして最高なのはレバ刺し450円だ。脂ののったレバーは実に新鮮で旨く、親父は生姜の他に、生大蒜を添えてくれた。雰囲気、接客、料理、そしてオリジナルの生ホッピー。最高の酒場だった。
土曜日定休。営業時間5時から9時まで、ラストオーダーは9時半。その理由を親父に訊ねたら、9時までに来たお客さんには、9時半までオーダーできて当たり前だろう、という真っ当な答が返ってきた。考えてみれば全くその通りだ。筋が通っているのだ。

P7310005.jpg

P7310006s.jpg

P7310013s.jpg

P7310009s.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf