酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大林 (日本堤燻銀酒場)
ディープ度*****、食と酒**
7月下旬、隅田川花火大会の人の群から抜け、隅田川沿いから南千住へ吉野通り沿いを歩いた。日本堤1丁目。すぐ裏は山谷。ディープ東京のど真ん中だ。時折、フラフラと廃人のように通りの歩く高齢の労務者を見かける。あんな様子では力仕事もできそうにない。
吉野通りに面して、「大林」の堂々たる暖簾が目に入る。築60年という燻銀の酒場。暖簾をくぐると右手に使い込まれた無垢板のカウンター、左手にはテーブル席がある。格子の天井は高く、床は土間。きわめて質素で骨太のつくりだ。突き当たりには神棚がある。カウンターの正面の壁は、白紙にかかれた無数のメニューで埋め尽くしている。これが実に美しい。カウンター席に座ると、主人が無愛想に注文を訊いてくる。牛もつ煮込み400円、淡い色のアッサリした味付け。葱ぬた300円、鮪も入っていて旨い。モロキュウ250円、細く切り方が特徴的。そのほか、刺身、かつ煮、豚肉生姜焼きなど。酒は日本酒より焼酎が無難か。

P7290063s.jpg

P7290076.jpg

P7290080s.jpg

P7290077s.jpg

P7290079s.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf