酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
圓楽 (北千住風俗地帯裏道)
ディープ度**、食と酒***
北千住西口。線路沿いを南へと歩くと、居酒屋と風俗店が一帯となった一帯がある。すぐ目に付くのが「永見」「大七」。その通りをどんどん奥に歩くと、道の両側にギッシリと立ち並ぶ風俗店からの呼込みが掛かる。右手に美術展のポスターがコレデモカと貼られた「鴎外・芭蕉」と書かれたバーがある。「小料理屋」とか枯れているがそうは見えない。その角を曲がり、20mほど歩きまた小道を左手に折れるとラブホテルがあり、その対面に「圓楽」はある。
藍の暖簾と縦格子の渋い店構えに比べ、内部は至って気楽で明るい雰囲気だ。ディープな立地だがノーマルな店だ。「圓楽」という名前は、特に三遊亭圓楽師匠と関係あるわけでもなく、店主が圓楽の熱狂的ファンだったらしい。料理は旨い。ブリ照り焼き500円、鮪ぶる500円、カサゴ刺し700円、鰹刺し550円、酒盗300円、塩辣韮280円、烏賊の沖漬け500円など。麦酒がスーパードライだけなのが残念。
P6030100.jpg

P6030098.jpg

P6030094.jpg

P6030095.jpg

P6030092.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf