酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なだ一 (渋谷のんべえ横町絶品酒場)
★ディープ度***、食と酒****
渋谷駅近く、原宿方向へ向かう山手線沿いに、若者の街に全く似つかわしくない軒の低いバラック「のんべえ横町」がある。友人と6時まで渋谷の町で時間をつぶした後、未だ明るいうちから横町の中筋に「なだ一」はある。昭和25年、渋谷に仮設の屋台がたくさん出来、昭和27年にはGHQから、現在のこの場所に移るように言われたのが「のんべえ横町」の始まりだという。山手線の土手側に1列、中筋に2列の店が並び、その裏側には、以前は渋谷川が流れていたと言うが、現在は暗渠になって水面は見えなくなっている。
入口の格子戸は170センチほどの高さで屈んで店にはいる。カウンターは極く小さく、10人も入れば一杯となる。山形の天井も低く、不思議と居心地の良い空間である。この店に限らす、のんべえ横町の一角はスケールが、一般の建物の八掛けくらいでできているのだ。カウンター内では3代目の娘さんが忙しく立ち働く。
おでんは薄味で、どれも旨い。蛸の卵の塩辛(600円)、ホヤの塩辛(600円)、おくら(400円)、菜の花(400円)、やまうど金平(400円)、山菜天ぷら盛り合わせ(1000円)、クラゲ刺身(700円)、縞鰺刺身(1300円)鮭はらす(600円)。それも絶品と言って良い。酒は焼酎が揃えてある。
P4220025.jpg

P4220022.jpg

P4220016.jpg

P4220019.jpg

P4220010.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よさそうな酒場ですね
こんにちは、宮嶋です。ネット上では「みゃあみゃあ」と呼んでください。(本名バレるとまずいので)
なかなか良さそうな酒場ですね。クラゲにホヤ。私の好物ばかりです。私も太田和彦氏の著書が好きで何冊か読んだことありますが、最近はこうした居酒屋、減っていますよね。
また学生になって思うのですが、最近の学生は酒の飲み方を全く知らないと言っても過言ではないです。あれでは酒もビールもかわいそうです。
2006/04/25(火) 16:25:54 | URL | みゃあみゃあ #EN6niIaA[ 編集]
みゃあみゃあみゃあ
ホント、この酒場は最高です。そしてこの横町が最高です。今日仕事で幕張に行きましたが、ああいった人工的な町には何が欠けているかと言えば、こんなアジア的で猥雑で少し危ない匂いのする一角です。これからの街づくりは、こうしたエリアを敢えてつくることも考えて欲しいものです。
2006/04/26(水) 23:54:55 | URL | 志 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf