酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸っ子(聖橋袂おでん屋台)
★ディープ度**、食と酒**
お茶の水駅近く聖橋の脇に「江戸っ子」という赤提灯の屋台がある。この付近には、もうひとつ老女の牽く屋台があったが、約半年前から姿が見えない。元々客のつかない不人気の店だったが、老女が体を壊したためらしい。凍える冬も覆いのない小さな屋台でギリギリの様子だったから無理もないだろう。さて「江戸っ子」。以前は聖橋の南側、駅のすぐ脇の端の付け根のアルコーブ(凹)となっている部分に長い間、夜な夜な現れていたのだが、最近は聖橋北側に移った。店の親爺に理由を聞くと、南側は千代田区、北側は文京区。千代田区所管の警察官が年度末の手入れで屋台を追い出し、文京区側に来たという。不思議なことに文京区側に来てからは、その警察官は来ないという。「文京区の所轄が来たら、また端の南に行くさ」と笑う。端の北側では千代田線とJR間の乗換客を掴まえられず客数は半減したという。今は常連だけらしい。「江戸っ子」は親爺個人の物ではない。浅草の居酒屋「江戸っ子」のお茶の水支店なのだそうだ。店主も今の親爺の前はもっと若い人だったから、社内の人事異動なのだろう。
寒い時期には、店をビニルで囲うが、公共の鉄製の大きなベンチを上手く利用している。美しく堅固な石造りの凹空間に上手く納まっている屋台の様子がいい。病院やオフィスの並ぶ硬質なこの通りの風景の中で、赤提灯の灯りと街灯の光を反射する柔らかなビニルが美しい。
メニューはおでんのほとんどは150円、250円。牛筋などは400円。飲み物は350mmの缶麦酒(スーパードライ)、日本酒(剣菱)、酎ハイが500円。おでんは薄い味付けで特に上手くも不味くもない。味よりも空気を楽しみたい。先日、立ち寄ったときは、店のテレビで「シャル・ウイ・ダンス」がはじまり、常連客たちとおでんをつつきながら、11時半まで2時間半、最後まで見てしまった。主人は商売気もなく一緒にテレビを見ている。これではさぞかし儲からないだろうなと思った。
20060325085418.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf