酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大勝 (浅草牛筋煮込通り)
★ディープ度**、食と酒の満足度***
田原町から国際通りを北に歩き、浅草ロック方面に入り少し歩くと、道の両側に屋台のように開放的な居酒屋が並ぶ通りがある。冬の夕方にこの通りを歩くと、ビニルで仕切られた酒場から湯気と煙が濛々と立ち上がり、店内から零れる電球の灯が暖かい。その一軒に入った。牛筋煮込みとホルモンの旨い店だった。牛筋煮込600円、牛煮込500円、豚足450円、肉じゃが650円、銀たら800円、辣韮400円、明太子800円。

20060321133845.jpg

20060321133718.jpg

20060321133700.jpg

20060321133746.jpg

20060321133814.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf