酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大坪(南千住南口ガード下激安酒場)
★ディープ度*****、食と酒****
南千住駅南口。北星に拡がる高層団地の未来的な光景と対照的な、吉野通り沿いのこのエリアには、山谷あたりから労務者風の男達がフラフラと宛もなく歩いている姿をよく見かける。大坪はディープなこのエリアの中でも、最もディープな店のひとつだろう。南千住駅を出てすぐのガード下である。
大正12年創業。大きなコの字型のカウンターを囲んで賑やかな宴が毎夜繰り広げられる。威勢の良い二代目主人と、フラメンコを踊るような軽快な足取りで店を仕切っている女将が、店の雰囲気をつくっている。この店は全てが安い。納豆おろし、目玉焼き、卵焼き、チーズなどは200円。この他つまみの多くは100円から200円台が中心。ウーロンハイは主人が茶葉を買入れ計量している。酎ハイは炭酸(日本シトロン)で割り、たったの200円。大衆酒場の魅力に溢れた店だ。
P1010580s.jpg

P1010587s.jpg

P1010583s.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf