酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍵屋(根岸 時間が磨く酒場空間)
★ディープ度*****、食と酒の満足度****
鶯谷駅南口からゴチャゴチャした道を抜け、大通りを越え、銀行脇の通りから根岸の住宅街にはいると、民家のような構えの鍵屋を見つける。江戸幕末に言問通に酒問屋として戦後開かれたが、その後、小金井公園内東京江戸建物園に移設・保存されている。店の木槌、甕などの道具、ポスターが古い壁一面に並ぶ。左側には畳の小上がり、右手には主人の座る白木のカウンターがある。背筋のピンとした女性が、箸、お通し、お猪口を配す。鰻のくりから焼(610円)、鳥もつ鍋(660円)、冷奴(490円)、煮奴(550円)、たたみいわし(610円)など。酒は甘口桜正宗のお燗(500円)、辛口菊正宗のお燗(500円)。
特に特別なことはない。しかし、日常の時間が磨き込んだ空間の美しさ、清々しさ、暖かさは他のどこにもない。

iza-roma_kagiya01.jpg


P1010040.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf