酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松風(浅草 凛と美しく呑む)
★ディープ度***、食と酒の満足度****
黒い板張りと白い漆喰の外観。小さな引き戸を開けると、白木の大きいテーブルと右手には赤銅色の湯煎。シンプルで美しい空間。ひとりで杯を傾けている客も多い。渋い大人にための店だ。壁には「お酒は一人三本(三合)まで」とある。出される肴はどれも量は少ないが、旨くて見た目も美しい。
瓶ビール500円。酒は、菊姫・浦霞・真澄・三千盛・田酒・清泉・大七・越の影虎・賀茂鶴・菊正宗などの玄人好みのラインナップ。甘いから辛いまで順に並んでいる。一合注文する毎に違う種類のアテが付く。650円から680円と少々高めだが、酒を呷るような店でもない。おでん(蒟蒻と練物の二串、350円)酔うわけでもないし、腹が一杯になるわけでもないが、凛とした気持ちになる店。浅草に着いたら、まず訪れたい店。どこかの料理屋へ繰り出す前の、ウェイティングバーとして考えてもよいだろう。

matukaze.jpg

20060227211557.jpg

20060227211616.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf