酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押上食堂(老舗商店街の絶品小食堂)
押上商店街の中程にこの押上食堂はある。10人少ししか入ることのできないコンパクトで無駄のない店内。正面にはラップのかかったおかずが数多く並べられている。麦酒(550円)や酒(350円)も出すが、基本的には実質的な食堂だ。サンマ煮、イカ煮、カレイ煮、ひじき煮などの煮物、野菜炒め、サンマ焼きなど30種くらいのおかずはどれも200~250円程度。店の女将が皿をレンジに掛けて暖めてくれる。細やかな気遣いが伝わってくる。家の近くにこんな店があったら楽しいだろう。
押上商店街は背の低いアーケードが車道の両側の歩道に掛かり、地方都市のような雰囲気。商店街を出て、零度近い夜の清澄通りを吾妻橋まで歩いた。

商店街

押上食堂1

押上食堂2

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf