酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なだ一 (渋谷のんべえ横町絶品酒場)
★ディープ度***、食と酒****
渋谷駅近く、原宿方向へ向かう山手線沿いに、若者の街に全く似つかわしくない軒の低いバラック「のんべえ横町」がある。友人と6時まで渋谷の町で時間をつぶした後、未だ明るいうちから横町の中筋に「なだ一」はある。昭和25年、渋谷に仮設の屋台がたくさん出来、昭和27年にはGHQから、現在のこの場所に移るように言われたのが「のんべえ横町」の始まりだという。山手線の土手側に1列、中筋に2列の店が並び、その裏側には、以前は渋谷川が流れていたと言うが、現在は暗渠になって水面は見えなくなっている。
入口の格子戸は170センチほどの高さで屈んで店にはいる。カウンターは極く小さく、10人も入れば一杯となる。山形の天井も低く、不思議と居心地の良い空間である。この店に限らす、のんべえ横町の一角はスケールが、一般の建物の八掛けくらいでできているのだ。カウンター内では3代目の娘さんが忙しく立ち働く。
おでんは薄味で、どれも旨い。蛸の卵の塩辛(600円)、ホヤの塩辛(600円)、おくら(400円)、菜の花(400円)、やまうど金平(400円)、山菜天ぷら盛り合わせ(1000円)、クラゲ刺身(700円)、縞鰺刺身(1300円)鮭はらす(600円)。それも絶品と言って良い。酒は焼酎が揃えてある。
P4220025.jpg

P4220022.jpg

P4220016.jpg

P4220019.jpg

P4220010.jpg

スポンサーサイト
やき屋 (中野南口立呑み屋)
★ディープ度**、食と酒**
中野駅南口から中野郵便局へ続く道を下ると、左手に中野郵便局とラブホテルに挟まれて赤提灯が幾つか並ぶ。店は平面は「くの字型」の変形プランである。小さなキッチンと窓沿いにカウンターがぐるりと回る。店はキッチンを含めて10畳ぐらいだろうか。その小さな空間に、客が20人くらい犇めく。客層も様々。偶然隣りで呑む客と話も弾んだ。
この店は荻窪北口バラック街の烏賊の銘店「やき屋」と兄弟店である。荻窪「やき屋」の女将さんとこの店の店主は夫婦なのだ。店主は愛想良く客に話しかける。荻窪の店と酒は「北の誉」で共通。塩辛も同じ味で薄塩の絶品だった。それから手羽先焼き(180円)がこの店の自慢だ。それ以外はこれといって特徴もないが、気楽で楽しい立ち飲み屋だった。
P4150013.jpg

P4150015.jpg

P4150016.jpg

P4150017.jpg

あぶくま(東十条 会津の料理と酒)
★ディープ度**、食と酒****
東十条駅は南北ホームが長い。駅の東側は沖積平野のフラットな下町の商店街。京浜東北線の駅を堺に西側が洪積台地の高台となっており、十条に続く起伏のある地形だ。東十条駅北口から細い歩道を上ると都道460号線にぶつかる。右方向に歩き約50m、右側に「あぶくま」の看板が見える。夫婦の経営しているカウンター8席、奥の座敷は2-3人がやっと座れる小さな店だ。福島県会津出身で27年前にこの店を始めたという。酒は二本松の栄川。料理は手作りでどれも旨い。炉端とあるが、惣菜類は特に旨い。サンマ塩焼き500円、ハマチ照り焼き650円、ナメコおろし300円、筋子磯巻き500円など。



P4080068.jpg

P4080079.jpg

P4080071.jpg

P4080076.jpg

P4080072.jpg

遠太 (三ノ輪時代懐古酒場)
★ディープ度*****、食と酒****(酒は*)
三ノ輪の昭和通と国際通りがぶつかるあたりから正庭通りへ曲がり少し歩くと、台東区から荒川区東日暮里へと入る。5分ほど歩くと左手に、「やってるぞ 遠太」という看板が目立つ。友人とこの酒場を訪れたのは年度末3月31日。正庭通りは両側の歩道に植えられ桜が満開だった。遠太は「レトロ」と言って良いほど昔の雰囲気をそのまま残した酒場だが、ここには、売らんがための商売気やツクリモノのレトロは何もない。敷地が台形なのか、店とカウンターも台形。店の空間は、天井が高く、右手に小庇についたカウンター、左手には座敷。客はまばら。店はおばあちゃんとその30歳代くらいの女性はその娘だろう。そして小学生くらいの女の子が、遊びながら店の手伝いをしている。客の疎らな店内にはテレビが流れ、非日常的と言っても良いこの酒場空間で、実に日常的な光景が繰り広げられる。
日本酒は残念ながら三増酒。しかし料理は独創的で逸品ぞろい。お勧めは、あじなめろう350円、ニコゴリ350円。ニコゴリは半透明のゲルの中に具が入っている様が美しい。焼き茄子250円、葱トロ450円、厚揚げ250円、焼き明太350円、湯豆腐330円、めごちの天ぷら450円など。居心地の良いカウンターだった。
P3310039.jpg

P3310036.jpg

P3310032.jpg

P3310034.jpg

P3310033.jpg

P3310035.jpg

亀島 (三ノ輪一丁目泡盛小酒場)
★ディープ度*****、食と酒****
地下鉄日比谷線三ノ輪駅のから明治通沿いに浅草方面に五分ほど歩くと、右手に「清酒大関 亀島」と書かれた看板が控えめに立つ。三ノ輪一丁目二四。紺色の暖簾をくぐり年季の入った硝子戸を開けると、台形のコの字型カウンターと、座布団が縫いつけられた座り心地の良さそうな椅子がカウンターの周りに並ぶ。道が交差した台形の敷地と建物に合わせたカウンターが、酒場の小宇宙を創っている。正面には琉球泡盛の由来と書かれた古い説明書が掛けられている。この店をひとりで切り盛りしている店主の老婆と店の空間がひとつの無駄もなく一体化している。小さくとも品格のある酒場だ。ちなみに女子禁制である。
酒は泡盛40度370円、25度320円。大関・菊正宗共に正一合350円。麦酒大瓶480円、小瓶350円、黒麦酒350円。酎ハイ300円、黒糖焼酎270円。久米仙は逸品。二つ並んだ煤けた甕から柄杓で沖縄徳利に移し、分厚い小さなグラスに注ぐ。泡盛は飲み過ぎると「腰が抜ける」と、ひとり三杯まで。つまみは店主の手料理で、里芋の煮付け、湯豆腐など。どれも旨く、また安い。懐かしい黄金色のアルマイト製の道具が使かわれていた。
P3310025.jpg

P3310021.jpg

P3310023.jpg

P3310020.jpg

body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf