酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大黒屋(押上 ホッピーには氷を入れない)
ディープ度***、食と酒*****
押上から錦糸町方面に5分ほど南へ歩くと、住宅街を通る「業四市場商栄街」の立つ一角に大黒屋がある。実に良い感じで街の区画に填っている。訪れたのは7月最後の日、珍しく夜は涼やかな風が吹いていた。大きな暖簾を下げた角地に立つ大黒屋は引き戸が開け放なたれ、その佇まいが実に美しい。店内は伝統的なコの字型カウンター。奥に厨房があり、親父さんと奥さんが忙しく働いている。親父さんは大黒屋の2代目。店には先代のモノクロの写真が飾ってある。本所の大黒屋創業から58年、この場所に店を開いてから38年。父親のやっていた店をサラリーマンをやめて継いだのだという。
生ホッピ-390円、白・黒・ハーフの生ホッピーである。ジョッキは霜がつくほど冷やしてあり、そこに冷たい生ホッピーを注ぐ。目から鱗のホッピーの旨さだ。氷を入れるのは邪道だという親父さんはホッピー屋とのつきあいが一番長いのは俺だという。だがこれは先代の発明。自分が発明したのはレモンハイ。瓶詰めのレモンサワーではなく生レモンを搾りソーダで割ったレモンハイは親父さん自身の発明という。確かに旨い。お通し100円、昆布の煮物。 もつ焼き5本で450円。これはふつう程度。煮込み420円、これは旨い。大きめのサイズの臓物はよく煮込まれており絶品といって良いだろう。お新香はキュウリの浅漬けで、かなり気を遣って仕込んでいるのがわかる。そして最高なのはレバ刺し450円だ。脂ののったレバーは実に新鮮で旨く、親父は生姜の他に、生大蒜を添えてくれた。雰囲気、接客、料理、そしてオリジナルの生ホッピー。最高の酒場だった。
土曜日定休。営業時間5時から9時まで、ラストオーダーは9時半。その理由を親父に訊ねたら、9時までに来たお客さんには、9時半までオーダーできて当たり前だろう、という真っ当な答が返ってきた。考えてみれば全くその通りだ。筋が通っているのだ。

P7310005.jpg

P7310006s.jpg

P7310013s.jpg

P7310009s.jpg

スポンサーサイト
岸田屋(月島 夕方から煮込みを食す)
★ディープ度***、食と酒の満足度****
築地から勝ちどきを抜けて月島に歩くと、運河に漁船がギッシリと浮かんでいたり、銭湯の煙突が突然に現れたりする。かつての島であった地域と、その後に埋め立てられた土地の違いがよく分かり飽きない。月島の商店街を歩くと、もんじゃ焼きの店ばかり並ぶ。でも月島の魅力はもっと深い。濃紺に岸田屋の白い文字を見つける。夕方5時からの開店を待ち、数人が店の前に並んでいる。同好の士といったところか。曇りガラスの引き戸を開けると、コの字のカウンターと壁に向かったカウンターのシンプルな店内。人気のコの字カウンターは、すぐに一杯になる。燻された壁と天井。天井には魚拓、壁には相撲番付。女将さんとその娘が切り盛りしている。
肉豆腐(550円)、ぬた(350円)、鰯ツミレ吸物(250円)、牛煮込み(400円)、はまつゆ(400円)、〆鯖(500円)、煮凝り250円)。酒は百万両、菊正宗、新泉川亀、吉野杉樽酒など。

P6280066.jpg

P6280074.jpg

P6280081.jpg

P6280083.jpg

魚三酒場(門仲 新鮮激安酒場)
門前仲町から永代通りを東へと約5分歩く。富岡八幡宮の参道の反対側に魚三酒場という大きな暖簾が掛かる。いつも客が店の前に群れているからすぐに分かる。
店は至ってシンプル。コの字型のカウンターが2列。壁一面に貼られた無数の短冊メニューがインテリアそのものだ。鰤つゆ(100円)、焼蛤(390円)、めごち天ぷら(350円)、穴子白焼き(380円)、ぶりかま(480円)、鰹刺身(400円)、生蛸の刺身(400円)、梭子魚天ぷら(400円)1、キス天ぷら(350円)、あら煮(50円)、中とろ刺(680円)。多くが300円台と激安。生ビール大(600円)、生ビール小(400円)、生酒冷300ml瓶(580円)、熱燗(180円)など。
安くて旨いが、女将の接客は厳しい。長い髪の女性客には輪ゴムを渡され「髪を縛りなさい」と言われることも。気にせず、元気な酒場の掛け合いをBGMに、マイペースで食と酒を楽しめば大丈夫だ。
CIMG1601s.jpg

CIMG1596s.jpg

CIMG1594s.jpg

押上食堂(老舗商店街の絶品小食堂)
押上商店街の中程にこの押上食堂はある。10人少ししか入ることのできないコンパクトで無駄のない店内。正面にはラップのかかったおかずが数多く並べられている。麦酒(550円)や酒(350円)も出すが、基本的には実質的な食堂だ。サンマ煮、イカ煮、カレイ煮、ひじき煮などの煮物、野菜炒め、サンマ焼きなど30種くらいのおかずはどれも200~250円程度。店の女将が皿をレンジに掛けて暖めてくれる。細やかな気遣いが伝わってくる。家の近くにこんな店があったら楽しいだろう。
押上商店街は背の低いアーケードが車道の両側の歩道に掛かり、地方都市のような雰囲気。商店街を出て、零度近い夜の清澄通りを吾妻橋まで歩いた。

商店街

押上食堂1

押上食堂2

body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf