酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なだ一 (渋谷のんべえ横町絶品酒場)
★ディープ度***、食と酒****
渋谷駅近く、原宿方向へ向かう山手線沿いに、若者の街に全く似つかわしくない軒の低いバラック「のんべえ横町」がある。友人と6時まで渋谷の町で時間をつぶした後、未だ明るいうちから横町の中筋に「なだ一」はある。昭和25年、渋谷に仮設の屋台がたくさん出来、昭和27年にはGHQから、現在のこの場所に移るように言われたのが「のんべえ横町」の始まりだという。山手線の土手側に1列、中筋に2列の店が並び、その裏側には、以前は渋谷川が流れていたと言うが、現在は暗渠になって水面は見えなくなっている。
入口の格子戸は170センチほどの高さで屈んで店にはいる。カウンターは極く小さく、10人も入れば一杯となる。山形の天井も低く、不思議と居心地の良い空間である。この店に限らす、のんべえ横町の一角はスケールが、一般の建物の八掛けくらいでできているのだ。カウンター内では3代目の娘さんが忙しく立ち働く。
おでんは薄味で、どれも旨い。蛸の卵の塩辛(600円)、ホヤの塩辛(600円)、おくら(400円)、菜の花(400円)、やまうど金平(400円)、山菜天ぷら盛り合わせ(1000円)、クラゲ刺身(700円)、縞鰺刺身(1300円)鮭はらす(600円)。それも絶品と言って良い。酒は焼酎が揃えてある。
P4220025.jpg

P4220022.jpg

P4220016.jpg

P4220019.jpg

P4220010.jpg

スポンサーサイト
ぼるが (新宿西口老舗無頼酒場)
★ディープ度***、食と酒の満足度****
昭和24年創業の老舗焼鳥屋。焼鳥の他、タン・カシラ・ハツなど豚モツ6種。鮮度がよく旨い。20年ほど前、職場の先輩に連れられて初めてこの店を訪れた。作家や役者が集まる少しアナーキーの雰囲気が好きになり、それ以降度々この店で呑むようになった。道路に面したモウモウと煙立つ焼き場の脇の戸を開けると、すぐ左手に煙に蒸されたような分厚い木のカウンター。そして左手奥に店は奥深く拡がっている。縄文的とも言える無骨な造りだ。2階は土間と座敷になっていて、季節の良い時期などは窓を開放すると気持ちよい。すぐ近くのジャズ酒場「バガボンド」と共に、60年代の空気を残している。
名物のばん焼き(焼鳥の盛合せ、500円)は食感・味とも良し。他のつまみもほとんど500円程度。ヌタ盛り合わせはお勧め(写真)。冷やしトマト(500円)、ポテトサラダ(500円)。ビール大瓶900円、生ビール中グラス500円。日本酒は10種程度でマニアックなセレクト。東京都新宿区西新宿1-4-18。03-3342-4996。午後5:00~11:00、日祝休。
20060321132618.jpg

20060321132653.jpg

20060321132629.jpg

20060321132643.jpg

body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf