酒場遺産
ディープジャパン。今や都市開発の中で消えようとしている古くから続く酒場。日本の生活文化が凝縮されている酒場を「酒場遺産」と名づけた。これから十年後、ここで紹介する酒場のうちいくつが残っているだろうか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たぬき (浅草元祖牛筋煮込酒場)
ディープ度**、食と酒***
浅草ロック近くの通称「煮込通り」。休日ともなれば店から溢れ出た客が、店それぞれの嗜好を凝らした煮込を肴に、路上のテーブルで旨そうにホッピーやビールを飲む。ここは台北かバンコクか。東京がアジアだったことを思い出させる。
今日は煮込通りの北側に位置する、元祖牛煮込・牛飯「たぬき」を訪れた。中央の大きな厨房の周りをぐるりとカウンター席が囲む。30人くらいは座れるだろうか。季節の良いときは引き戸を開け放し気持ちよい。開放的な空間が魅力的だ。牛筋煮込みは道路に面した大きな釜でグツグツと煮込まれている。汁の少ない蒟蒻と牛筋の堅さが丁度良い歯ごたえだ。飲み物は生ビール大740円・中580円、ホッピー480円、ジンジャサワー420円、ウーロンハイ420円など。牛筋煮込み480円、銀杏、軟骨、筍、お浸しなどは420円。休日の日の高いうちからカウンター席に座りたい。楽しさ満載だ。近所には浅草観音温泉や蛇骨湯といった関東ローム層独特の黒湯の温泉もある。煮込みを食し温泉に立ち寄るのも楽しい休日の過ごし方だ。
P6040130.jpg

P6040117.jpg

P6040119.jpg

P6040122.jpg

P6040125.jpg

P6040146.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
浅草の酒場ということで初めて拝見しました。
他地域の酒場も素晴らしい場所ばかり取り上げられておられて、感激です。
これからも素敵な記事を楽しみにしております。v-305

# トラックバックさせていただきました。
# 何か問題ございましたらご面倒さまですがご連絡くださいませ。
2006/07/13(木) 10:23:52 | URL | シマゾウ #z8Ev11P6[ 編集]
シマゾウさま
浅草の通称「煮込み通り」は、季節の良いときには露天のテーブルに座って夕方からビールを飲んでいると、気持ちよい風が吹く抜け最高です。最近、京成線沿線にはまっています。生活の中に活きている魅力的な酒場がたくさんあります。お薦めですよ。
2006/07/15(土) 08:38:15 | URL | 志 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
body> このごろ酒場や居酒屋の本が充実してきました。私は太田和彦氏、吉田類氏、大川渉氏の本を愛読しています。中でも大川渉氏らの著した「下町酒場巡礼」は名著。紹介されている酒場の幾つかはこの10年間に姿を消しました。 https://www.fis.jfma.or.jp/fis/front/htm/research/scm10/image/scm10_2003wwp_dallas_illust.pdf